' facebook-squareui-chats-wui-questionnaire-wunderfacebookicon-under-arrowfacebook
無料から使えるカスタマーサポート・お問い合わせ管理ツール|Tayori(タヨリ)

無料で簡単に高品質なアンケートフォームを作成できる「Tayori」

Tayoriのアンケートフォームは、高品質なアンケートフォームを無料でサクッと作成可能。集計データの分析・共有も簡単操作で完了します。

「Webサイト利用者の声を集めたい」「新商品・サービスに対する反応を探りたい」など、さまざまな場面で「アンケート調査をしてみたいな」と感じることがあると思います。

毎日、一定の利用者がサイトを訪れてくれて、メールマガジンに登録している会員もいる―。そうした土台が整っていれば、アンケートを活用してユーザーの声を積極的に聞きにいくべきです。

企業でアンケートを運用する場合、気をつけるべきポイントがいくつかあります。

Feature questionnaire 01

企業のアンケート運用のポイント(1) アンケートフォームで集計した情報はチームですぐに共有できる状態にしておくべき

アンケートに利用するツールを選ぶとき、1つ確認しておいてほしいのは、アンケートデータをチーム内で簡単に共有できるかどうかという点です。アンケートデータを管理していた担当者が異動・退職したから、過去データを参照できなくなった――といったことが起きないように、チームでどうやって管理・共有していくか、あらかじめ考えておくようにしてください。

アンケート結果のデータをチーム内で共有する機能や、複数人で利用するための機能は、クラウド型のアンケートフォーム作成サービスには付いていることが多いでしょう。共有方法や集計が分かりやすいか、実際の運用フローを考えながら確認してみてください。

Feature questionnaire 02

Tayoriならチーム内での共有が簡単。集計データを自動でグラフ化し、分析も簡単

Tayoriは、複数人でのデータ共有も簡単です。

もともとは、カスタマーサポートでの利用を想定したツールです。管理画面を複数人で利用して、お問い合わせやアンケートなどのデータを簡単にチームで閲覧・共有できる設計になっています。

アンケートフォームに関しては「同じID/PASSを社内の複数人で使い回してレポートを共有できるようにする」といった運用を想定している人もいると思いますが、「担当者の異動や退職でID/PASSが分からなくなった」という話も聞きます。Tayoriなら1つの管理画面を操作するのに一人ひとりID/PASSを付与されるのでそのような心配もありません。
集計データを自動でグラフ化するので、集計作業も不要。データをわかりやすく提示するので、人によって数字の捉え方が違う、という事態も防げます。

Feature questionnaire 03

企業のアンケート運用のポイント(2) 回答率を上げるために、スマホでも使いやすいアンケートフォームに

申し込みフォームの離脱率を下げて、入力完了してもらえる確率を高めるための施策をEFO(エントリーフォーム最適化)と呼びます。アンケートの回答率を上げたいなら、EFOを意識しましょう。

必要最低限の項目に絞り込む、入力エラーがあって確認画面へ進めないときにエラー個所を分かりやすく表示する、入力を間違えやすい項目にはあらかじめナビゲーションを出すなど、さまざまなアプローチがあります。

最近では、スマートフォンからの利用者が大半になっています。PCだけでなくスマートフォンでも使いやすい申し込みフォームになるように、スマホ対応をしておくことは必須事項と言えます。

Feature questionnaire 04

Tayoriはスマホ入力も最適化。より回答しやすいようチャット形式のアンケートフォームも

Tayoriは、スマートフォンからの回答も想定した設計になっています。
スマートフォンの入力を前提に設計・デザインしていますから、ストレスを感じずにアンケートに回答できるようになっています。

また、LINEのようなメッセージアプリのように、1問1答形式で回答してもらう「チャット形式」のUIも利用可能。スマホからのアンケート回収率を大きく改善できるように意識したデザインになっています。

Feature questionnaire 05

企業のアンケート運用のポイント(3) Googleアナリティクスと連携して回答者の属性を分析しよう

アンケートを実施する際は、回答内容だけでなく回答ユーザーの行動も分析対象にするべきです。「どの経路から何人が回答してくれた」「スマホからの離脱率が高かった」などのデータが取れれば、今後実施するアンケートの内容や設計を改善できるからです。
Googleアナリティクスのコードを埋め込んでおくと、アンケート回答者の行動・属性を追えるようになります。Webでアンケートを実施する際は、Googleアナリティクスとの連携は必須と言えます。
中にはGoogleアナリティクスのコードを埋め込めないものもあります。導入を検討しているツールは、アクセス解析できるかどうかも確認しておいた方がいいでしょう。

Feature questionnaire 06

TayoriはID入力だけでGoogleアナリティクスと連携可能。

TayoriはGoogleアナリティクスと連携可能。設定方法はとても簡単で、管理画面上からGoogleアナリティクスのIDを入力するだけで完了できます。

また、Tayori自体にも回答者の行動・属性を解析する機能がついています。回答した日時、所要時間、所在地(IPアドレス)などを確認可能です。

同一のIPアドレスから極端に短い所要時間で答えた回答者は、不正と見なして除外するなどの対応はTayori上でも可能です。

Feature questionnaire 07

無料で使えるアンケートフォームTayoriの機能

6種類のテンプレートで簡単にフォームを作成

「顧客満足度」「教育」「イベント」「ヘルスケア」「スポーツ」「マーケティング」という6種類のアンケートフォームテンプレートを用意しています。目的に合ったテンプレートを利用して、アンケートフォームを作成していきましょう。

回答方式は7タイプ。高度な設問も可能

アンケートへの回答方式としては、「ラジオボタン」や「プルダウン」(シングルアンサー)、「チェックボックス」(マルチアンサー)、「マトリックス」、「レーティング」、自由回答形式の「一行テキスト」「複数行テキスト」という7種類を用意しています。

集まった回答を自動でグラフ化

アンケートから寄せられた回答を集計して、自動でグラフを生成し、レポーティングする機能がTayoriにはあります。簡単な分析結果は、作業不要ですぐに確認できるようになっています。

アンケート結果をCSV形式でエクスポート

アンケートフォームから得られた回答については、CSV形式で一括ダウンロードも可能です。Tayoriのレポート機能とは別のやり方でレポーティングしたいときは、CSVダウンロード機能をご利用ください。

入力項目・デザインのカスタマイズに対応

アンケートフォームの入力項目を自由にカスタマイズ可能。デザインも、自サイトと同じような色使いにするなど、アレンジできます。

埋め込み/メール/ソーシャル/iframe/リンク、選べる案内方法

アンケートフォームへと回答者を誘導する方法として、1. HTMLにコードを入れて、アンケートフォームを起動するボタンをサイト上に表示させる、2. メールでアンケートフォームページへのリンクを送る、3. SNSを使ってアンケートフォームページを案内する、4. iframeでWebページの中に埋め込む、5. リンクでアンケートフォーム用ページに飛ばす―といった5パターンから選択可能です。